一般外科

一般外科

外科

外科当クリニックでは、擦り傷や切り傷などの外傷、やけど、粉瘤などの皮下腫瘤切除などの一般外科診療を行っています。また、治療に高度な設備機器が必要な場合には、責任もって高度医療機関をご紹介しています。

治癒が早く、痛みが少なく、きれいに治す湿潤療法も取り入れています。これは、傷口を創傷被覆材で覆い、滲出液を封じ込めて湿った状態で治していく療法です。消毒と乾燥を基本にした従来の方法に比べ、消毒薬による健康な皮膚へのダメージがないため、より早く、そしてよりきれいに皮膚が再生されます。

一般外科の主な診療内容

  • 外傷(擦り傷・切り傷など)
  • やけど
  • 皮下腫瘤
  • 手術後のケア  など

粉瘤

粉瘤粉瘤(ふんりゅう)は、皮膚と同じ構造の袋が皮膚の中にできてしまった状態です。アテローマと呼ばれることもあります。悪性ではないのですが、大きくなったり、細菌感染を起こして袋が周囲に癒着してしまい、きれいに治すのが難しくなりますので、早めに治療を受けると安心です。

症状

症状袋の中に垢がたまって、しこりのような感触になります。身体のどの部分にもできますが、頭、顔、背中、おしりにできることが比較的多くなっています。
細菌感染を起こした場合には、赤みや腫れ、痛みを生じ、急激に膿がたまって数倍の大きさになることもあります。細菌感染を起こしたものは、炎症性粉瘤と呼ばれます。

原因

はっきりしないことも多いのですが、外傷やピアスの穴、ヒトパピローマウイルス感染などによるものが比較的多く、なりやすい体質もあります。
気になってご自分で押しつぶしたりすると、細菌感染のリスクが高まります。

検査と治療

ほとんどは、診察で粉瘤だと判断できます。手術で摘出した組織を生検に出すことで診断が確定します。

粉瘤は薬で治すことはできないため、切除が必要になります。当クリニックではできるだけ傷跡が目立たない治療を心がけ、傷跡が小さくてすむ「くり抜き法」を使った治療を行っています。炎症がひどい場合、切開で膿を出して、後日切開し、袋を取り出す方法がよく行われますが、こうした際にもくり抜き法でうまく治療できる場合があります。

また、くり抜き法では、縫合しなければよりきれいに早く治りますので、縫合の必要があるかどうかもしっかり見極めます。なお、傷が綺麗に治るかどうかは個人差があります。

ただし、粉瘤が繰り返しできていたり、癒着があるなどでくり抜き法では取り残す可能性がある場合には、通常の切開を行います。この際にも、傷口をできるだけ小さく、そしてきれいに治るよう十分に配慮を行います。顔面等、術後の傷跡が気になる方には、形成外科をお勧めする場合もございます

粉瘤の手術費用について

  • 粉瘤の手術は保険適用です。
  • 手術する場所や粉瘤のサイズにより費用は変わってきます。
  • ここでは目安となる費用をご紹介します。
  • なお、全て税別になっています。
3割負担の場合

半袖・半ズボンで隠れる場所にある粉瘤(非露出部)

直径3cm未満 3,840円
3~6cm未満 9,690円
6cm以上 12,480円

半袖・半ズボンで隠れない場所にある粉瘤(露出部)

直径2cm未満 4,980円
2~4cm未満 11,010円
4cm以上 13,080円

ほかに、局所麻酔代や軟膏代等が500~600円、病理検査代が3000円ほどかかります。

1割負担の場合

半袖・半ズボンで隠れる場所にある粉瘤(非露出部)

直径3cm未満 1,280円
3~6cm未満 3,230円
6cm以上 4,160円

半袖・半ズボンで隠れない場所にある粉瘤(露出部)
直径部(半袖・半ズボンでも外にでる位置)

2cm未満 1,660円
2~4cm未満 3,670円
4cm以上 4,360円

ほかに、局所麻酔代や軟膏代等が100~200円、病理検査代が1000円ほどかかります。

  • 当院の口コミを見る
  • 当院の口コミを書く